• top-03
  • top-01
  • top-02

インフォメーションInformation

メッセージMessage

002「なぜ痛むのか?なぜしびれるのか?」「違和感とは何か?」体の自覚症状は全てトラブルのサインなのです。
「違和感」は、僅かなトラブルを教えてくれているのです。
その段階でのケアが予防になります。
現代医学では、「腰痛」の8割は原因不明と言われ、3ヶ月以上痛む場合は抗不安薬や抗うつ薬を推奨しています。(2013.3.24朝日新聞朝刊)

また、1ヶ月以上痛む場合は「考え方の偏りを直し、行動の仕方を変える」とも記載しています。
つまり、一般的なやり方は直す方がよいということを示唆しています。

また、「成長痛」や「老化」「体質」と言われる傷病があります。
軽い交通事故でも、「後遺症」が残ると言われています。
当院では、構造医学の理論に基き、それらの原因を追及した施術なので、本来持っている自然治癒力を最大限に導く方法です。

どの患者様にも同じように心をこめて院長自身の手技による施術を行います。
同時に「再発予防」の為の生活指導を行います。繰り返すケガは「動作」や「身体」に原因があります。
ぎっくり腰や寝違え、こむら返りなどは「癖になる」といわれますが、「生活習慣を変える」か、「身体を治す」かで、繰り返すケガを防げるのです。

また、自分の体を理解し負担の掛からない使い方に変えて頂くこと、「自己管理」が大事なのです。 自分の力で健康を手に入れることができれば最高でありませんか?

基本理念Basic idea

当院では、一般的な物理療法(牽引やローラーベット)、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティックや整体等強い手技の施術は行いません。

ただ行わないのではなく、これらの療法を経験して参りましたが、施術の結果に満足できませんでしたが、構造医学に出会い、その理論及び施術結果両方に於いて感動し、その後も構造医学を学び続け、日々実践している次第であります。

構造医学は、地球上の重力のもと、水の中から命が誕生し、現在に至る進化の中での「生理」というものを考えた学問です。
世の中の一般的な考えとは異なる部分が多いですが、だからこそ良いものではないでしょうか。
構造医学は、安全で、かつ奥の深い学問です。

当院は構造医学の理論や手技をに忠実に、誠実に行っている接骨院です。
大事なことは、骨、肉、皮の順番です。先ずは「骨子を固める」次に「肉づけをする」です。つまり骨格の整復が優先で、次に筋肉調整という順番です。逆に皮から肉という順番で行くと「皮肉」ということになります。骨が無いと「骨抜き」になります。

施術日カレンダー

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2020年1月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
午前施術
7:00-13:00
午後施術
16:00-20:00
午前施術のみ
7:00-13:00
その他
要確認
休診日
日・祝祭日

トップへ戻る