特別施術

頭頸部冷却装置Special medical

日常生活でも人体の中で、一番ブドウ糖消費量、酸素消費量が多いのは脳です。
その際に多くの熱を発生します。
さらに、ストレスを抱えた脳は大量にエネルギーを使うことで鬱熱(うつねつ)状態になってしまいます。
その結果、自律神経の働きやホルモンバランスが崩れてしまうのです。
脳を冷却することにより、それらを改善できるのです。
この頭頸部冷却装置は0℃前後の冷却水を肩部まで覆った生ゴム製のジャケットに流して頭部と頸肩部を冷却します。
脳に溜まった熱を効果的に取り除きます。
寒い時期は、足底部に電気あんかをして、毛布でしっかり覆い、頭だけ冷たく体は寒くないという状態で冷却します。
「頭寒足熱」ということです。
寒い冬は手足の血管が収縮してしまうので、脳や体幹の深部に熱がこもることもあるので、寒い時期でも脳を冷やすことが時には必要です。

スペース体位にて冷却

011012
スペース体位とは、宇宙飛行士が過激な重力負荷や微少重力状態においても人の生理性を最大限保てるように考えられた姿勢です。
つまり、ストレス状態において、真の安息状態になれる姿勢です。
これが、正しく「冷静」という状態です。

顔面部冷却Special medical

013顔面部冷却は、鼻腔や副鼻腔、眼球を効果的に冷却します。
「鼻炎」は鼻が炎、「結膜炎」も結膜が炎と書きます。
同時にお肌も冷却できます。寒い国や地域にお肌のきれいな人が多いような気がします。

ウォーターバッグ(ベッド)で冷却

014ウォーターバッグ(ベッド)は、上に寝ているだけで抗水圧が得られますので、骨盤や加圧されている各所を生理性に導くことができるのです。
このウォーターバッグ(ベッド)は構造医学が開発した特殊な構造、横揺れを防止した縦揺れの構造です。
横揺れは剪断力が発生しますので、一般的なウォーターバッグ(ベッド)とは異なります。

リダクター&電函ローラーSpecial medical

リダクター施術

015016
リダクター施術とは、背骨の整復を行うということです。
背骨が大きく歪む(ひずむ)ことで、姿勢やバランスの保持のために表層の大きな筋肉の緊張し、小さな歪でも微妙なバランスを制御するために微細な深部の筋肉(インナーマッスル)が緊張します。
これが「コリ」の真の原因です。
リダクター施術により、ひとつひとつの背骨を整え、それにより筋肉は緊張から解放されるのです。
筋肉に対するアプローチではなく脊柱に対するアプローチをすることで改善するのです。
このリダクターは、こういうコリが改善されるのは当然のことで、それ以外に、もっともっと様々な体の回復機能につながる可能性を秘めています。

電函ローラー

017018
現代の日常生活における情報通信網や電化製品は、人の体表電位の乱れを引き起こし、それは知らず知らずのうちに現代人にかなりのストレスを与えていると考えます。
また、ストレス、長期の疾病や強度の痛みを伴う傷病は神経の興奮を引き起こすと、それらが体表電位の乱れた状態になると想定されます。
電函ローラーとは体表電位の平衡化を行う施術です。
アースコードを繋ぐことで地上とのポテンシャルを図る役割があります。
施術後は、非常にクリアな感覚であると、みなさんおっしゃいます。

施術日カレンダー

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2020年1月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
午前施術
7:00-13:00
午後施術
16:00-20:00
午前施術のみ
7:00-13:00
その他
要確認
休診日
日・祝祭日

トップへ戻る