院長ブログ

伊木接骨院のコロナウィルス対策 その1

兵庫県は依然、特別警戒都道府県となっています。

 

マスク、手洗い、三密(密閉、密集、密接)を避ける

感染予防としてこれらが重要なのは皆さんご存知の通りです。

 

さて、万が一感染したら・・・

発熱したらどうしますか?

解熱剤ですか?

免疫力を上げるために発熱しているのに、体温を下げるのは免疫力を下げることにならないでしょうか。

体温を下げるのではなく、「過剰な熱をとる」「熱飽和を防ぐ」という目的で冷やします。

 

当院では氷枕で「頭」、氷のうで「胸」を冷やすことを推奨しています。

 

最近、「氷嚢で脇と脚の付け根を冷やす」といわれるようになりました。

「脇と脚の付け根には太い血管が通っているから」という理由です。

確かに血流量は多いですが、太い血管で冷却できるでしょうか?

脇と足の付け根は太い血管ですが、左心室から出る大循環の血液の20%までです。

車のエンジンはラジエーター(放熱器)で冷やします。

冷却水を細かい管に分散し、風を当てて冷やします。

人の体でラジエーターにあたるところが「肺」なのです。

熱い時に呼吸がハーハーするのは冷却しているのです。

右心室から100%肺に流れ、肺動脈から細分化した毛細血管が肺胞を包んでカリフラワーみたいになって、ラジエーターとよく似た構造です。

どうして右心室から出る肺循環を利用しないのか不思議です。

全身から熱飽和の血液が右心房に戻り、右心室から肺に流れ、CO2(二酸化炭素)と熱を放出して、冷却されO2(酸素)を吸収した血液が左心房に戻り、左心室から全身に流れます。

肺の構成成分は、もちろんタンパク質です。

タンパク質は熱に弱いのです。

免疫力を上げるためには体温上昇が必要ですが、タンパク質は41℃を超えると変性し始めます。

水銀体温計のメモリは42℃までしか明記していません。

コラーゲンは解け、エラスチンは凝集します。

肺胞は熱の限界値を超えると破れてしまいます。

それが「肺炎」なのです。

肺炎は肺胞が壊れてしまい出血しているので、レントゲンで本来黒いはずの肺(空気が多いので)が白く映るのです。

胸は肌着、パジャマの上から氷のうで冷やして下さい。

コラーゲン、エラスチン、どちらも可逆性なので、冷やせば戻りますので、回復していきます。

 

そして、脳は大循環の15%の血液が流れます。

全身筋肉の15%と同じということは、脳は大量に「酸素とブドウ糖」を必要とするということです。

この「酸素とブドウ糖」の反応は熱が発生します。

脳細胞というのは脂質を多く含む細胞なのです。

体細胞の中でも脳細胞は比重が軽いのです。

脳細胞 0.993~1.007 血液1.049~1.060

体の細胞が壊死するとき、ほとんどが「凝固壊死」なのですが、脳細胞のだけ「融解壊死」なのです。

油脂は熱で溶けます。

これは、脳細胞が熱で溶けたということを意味します。

脳が熱により崩壊して「脳炎」となるのです。

ことわざで「頭寒足熱」というのは正しいのです。

しかし、頭も「頭蓋骨があるので冷やしても脳まで冷やせないので、太い血管の頸動脈が通る首を冷やす。」といわれます。

氷枕で後頭部を冷やせば短時間ではないので冷えます。

また、「おでこ」には副鼻腔炎の「前頭洞」、鼻の横に「上顎洞」があります。

まぶたを閉じてタオルを敷いて、ここも氷のうで冷やしますと、鼻から吸気することにより、鼻腔、副鼻腔を使って頭蓋骨の中から冷却できるのです。

鼻腔の天井部分に自律神経の最高中枢である「視床下部」という場所があります。

 

以上、「頭・おでこ」と「胸」を冷やすというのは根拠のある話です。

是非、ご活用ください。

 

次回は「咳」について

施術日カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
午前施術
7:00-13:00
午後施術
16:00-20:00
午前施術のみ
7:00-13:00
その他
要確認
休診日
日・祝祭日

トップへ戻る